ホーム > リフォーム基礎知識 > お役立ち記事 > 「あこがれていた赤いキッチン。 一日中ここで過ごしてます。」

「あこがれていた赤いキッチン。 一日中ここで過ごしてます。」

ライファのリフォーム情報誌「セ・ライファ」に掲載した「福地さんちのリフォーム日記」の記事をご紹介します。
WEBでしか読めないとっておきのウラ話もあります!

ホントの話1

画像:福地さんちのリフォーム

約27年 戸建て木造
設計・施工 ライファ中野
施工日数 約30日
費用 約700万円

2世帯住宅のリフォームに加え、親夫婦の1階LDKもリフォーム。白をベースに赤をポイントとして使い、明るく温かみのある空間に。リビング壁一面の収納は圧迫感がないよう凹凸のない仕上げに。

奥さまの日記

夫は反対してたんです。でも今は・・・

0年以上前に友だちの家で見た赤いキッチンが忘れられず、ずっとあんなふうにしたいなぁと思っていました。でも、元のキッチンもすごく気に入っていたから、なかなか思い切れなくて・・・。
今回、息子家族と同居するにあたって2階をリフォームすることになり「それなら私たちも」とリフォームを決心。あこがれの赤いキッチンを実現するチャンスは今しかないと思ったんです。
夫は「派手すぎて飲み屋みたいになるんじゃないか」なんて言って反対しました。そう言われると私もちょっと不安で...。でも、ライファさんがつくってきてくれたイラストを見てふたりとも「素敵!」と決断しました。今では私より夫の方が人を呼んだりして、自慢しているくらいなんですよ。

元気になれるキッチン

2階の息子たちのキッチンの 方が落ち着いた雰囲気だからって「2階の方があなたたちに向いてるんじゃないの?」なんて言う友だちもいます。でも、そんなことないと思うの。私たち夫婦の年齢だからこそ、こういう明るいキッチンの方が元気になっていい気がするのよね。正直言って「どこかが壊れたわけでもないのに、リフォームするのはもったいない」という思いもありました。でも長く過ごす場所だし、こんなに快適になるんだったら、もっと早くリフォームしてもよかったかな、なんて思ってるくらいです。

画像:リフォーム後

ページの先頭へ

INAXリフォーム LIFA

LIFAの各店舗と株式会社LIXILとは、資本提携のない別法人です(一部店舗を除く)。リフォームの工事請負契約はお客さまと当該LIFA店との間でおこなわれます。

Copyright(C) LIXIL Corporation. All rights reserved.