トイレ収納の工夫

掃除道具やトイレットペーパーなどで、雑然としがちなトイレ。
リフォームコンシェルジュが、使いやすく便利な収納アイデアを紹介します。

2人のリフォームコンシェルジュにアイデアを伺いました

ライファ安城 佐藤順子さん、ライファ千葉稲毛 遠藤功一さん

アイデア1 壁の厚みを利用して棚をつくる

画像:アイデア1 壁の厚みを利用して棚をつくる

壁の一部をくりぬいて、小さな棚をつくってみましょう。文庫本を置いてミニ本棚にするのもいいですね。トイレにちょっとした癒しスペースができます。

アイデア2 広いトイレには用途別の収納を

アイデア2 広いトイレには用途別の収納を

男性用女性用と別々のトイレの場合、リフォームで1つにすると、スペースに余裕ができ、収納面も工夫できます。
例えば便座横には、部分的に扉を付けた棚を設置。扉のある所にはトイレットペーパーや生理用品を置いて目隠しできます。
手洗い器の下は、奥行きのある棚にすると、バケツ等の掃除道具も収納できて便利ですよ。

アイデア2 広いトイレには用途別の収納を

アイデア3 トイレと洗面室、両側から使える棚をつくる

アイデア3 トイレと洗面室、両側から使える棚をつくる

トイレの隣が洗面室の場合、両側から使える互い違いの収納にするのはいかがでしょう。
中央から下の部分はトイレ側から使う棚、上の部分は洗面室側から使う棚に。
使いやすい位置に収納をつくれますよ。

アイデア4 収納が一体になった便器を活用

アイデア4 収納が一体になった便器を活用

トイレのタンクがすっぽり収納できる「Pita」という便器なら、空間がすっきり。タンクの両脇の棚には、トイレットペーパーなどが入れられます。手洗い器や紙巻き器の下も収納として活用できます。
タンク上のカウンターには、趣味の小物を飾ってギャラリー風にすると素敵です。

アイデア5 壁を「見せる収納」に

アイデア5 壁を「見せる収納」に

「収納をつくる場所がない」というトイレなら、壁を活用してみては?
壁面に穴をあけて、必要な場所に棒を差し込めば、トイレットペーパーのストックやタオル掛け、板を乗せて飾り棚にと「見せる収納」として大活躍です。

ページの先頭へ

INAXリフォーム LIFA

LIFAの各店舗と株式会社LIXILとは、資本提携のない別法人です(一部店舗を除く)。リフォームの工事請負契約はお客さまと当該LIFA店との間でおこなわれます。

Copyright(C) LIXIL Corporation. All rights reserved.